空の落とし穴
このブログを見た人が人生をより楽しめるようになったらいいなと・・・思ってしまうのでした。


プロフィール


ろぐぐ

Author:ろぐぐ
ゆるゆる自分の興味があること(最近は電動バイクです)でも更新して行こうと思います。          
更新速度は書きたいことがあるときはガンガン更新します。
ないときはぱったり更新しなくなったりします。          
ですがまた期間を置いて更新されていくので、お気に入りに登録しておくと安心です。



最新記事




カテゴリ


未分類 (0)
私用 (3)
ガンオン (11)
ガンオン攻略 (3)
電動バイク (36)
バッテリー (9)


月別アーカイブ




検索フォーム




最新コメント




Amazon




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加中です。記事が役に立ったときは押して下しあ。ヽ(´∀`)




No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2017.08.25  不覚!! <<19:02


があああぁぁぁぁぁぁああΣ(゚Д゚;)

・・・・・・。

16日は過ぎ去った・・・。

すっぽ抜けてた。

はじめての方に説明すると、前回前々回で紹介した電動バイク「notte」が

8月16日までに注文すると送料無料だったんですよ・・・。

maintenance_pic_flow_step05.jpg

とりあえず修正点をいくつか。

最高速度ですが45kmではなく42kmでした。

サンボーイとほぼ一緒ですね。

あ!!Σ(゚д゚;)

そういえばすっぽ抜けてたつながりで、

自分の買った電動バイクとそれを買うまでの苦労話を記事にしてませんでした。

いやぁ~あの頃はめちゃくちゃ忙しくて、頭からすっぽ抜けてました。(゜∀゜;)

今更ですが買ったバイクはサンボーイです。

苦労話はまたの機会にします。(約束するとは言っていない。(笑))

他の修正点はノッテの公式ページが更新され、変更されていました。

充電時間が分かりやすく10時間との表記になっていました。

また定格出力が450Wから600Wになっていました。

登板能力も30度から25度へ修正されていました。

更新速度がめちゃめちゃ速いですね。

見るたびに更新されています。

他の電動バイクもこうあってほしいものです。

ではでは今日はこの辺で。(゜∀゜)ノシ
スポンサーサイト


↓ブログランキングに参加中です。記事が役に立ったときは押して下しあ。ヽ(´∀`)




No.64 / 電動バイク / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2017.07.27  やばい!この人たち本気だ。 <<21:16


更新されている!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

しかもカラーバリエーション増えてる!!Σ(゚Д゚ノ)ノ

よく分からない方はまずこちらをご覧ください。

電動バイク「notte」の公式WEBページ。

まだよく分からない人のためにご説明しましょう。

しっかりとしたページな上に、ちゃんと更新されていました。

さらにカラーバリエーションが増えるおまけ付き。

手際の良さとしっかりとした熱量を感じます。

期待せざるをえない。(゜∀゜)

さらに8月16日までの予約で送料無料!!

ほしい。どうしよう。(≧へ≦)

電動バイクで二台目買うか悩める日が来るなんて・・・。

なんだか幸せです。

それではまた次回。(゜∀゜)ノシ

↓ブログランキングに参加中です。記事が役に立ったときは押して下しあ。ヽ(´∀`)




No.63 / 電動バイク / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2017.07.25  クールでキュートなEVバイク「notte(ノッテ)」 <<14:26


おはようございます。ろぐぐです。

いい感じの新型情報出ました。

d21330-17-868662-2.jpg

XEAM(ジーム)の「notte(ノッテ)」です。

最高時速45キロ、一充電走行距離60km。

そして・・・。

2017年7月26日WEB限定予約販売スタート!早い!!

販売価格¥147,000(税抜き)!安い!!

ただし限定100台!

恐ろしいほど優秀なコストパフォーマンス。

期待大です。(゜∀゜)

ということでろぐぐの独断と偏見で評価しちゃいます。



◎まずは見た目からいきましょう。

20170721-notte-08-720x493.jpg

おしゃれで電動バイクっぽくていいですね。

パーツが少ないのでデザインの自由度が高いといわれていた電動バイクですが、

今まで原付と変わらないようなものが多かった中で「notte」は

とてもデザインに対して挑戦的でその点はgoodです。(゜∀゜)b

ただフロントのフェンダー(タイヤに付いてる泥除けのことです。

記事を書くために調べて初めて名前を知りました(;゜∀゜)。)が縦長すぎません?

リアのフェンダーはタイヤに沿わせて終わりがシュッとして風を切りそうでカッコイイのに、

フロントのほうはなんだかボテっとしてます。

リアのフェンダーと同じような感じで良かった気がします。

後、前から見たときの話ですが

notte_blue.png

もう少し全幅が細ければ、よりスマートになったんじゃないかと思いました。

その2つ以外はライトのデザインといい本体の曲線やタイヤとの一体感など、

バランスがとてもいい感じです。



◎次はスペックに関してです。

電動バイクが出始めで少し流行っていたころ

最高時速45km、一充電走行距離45kmぐらいの物が多かったので、

最高時速45km、一充電走行距離60kmの「notte」は優秀です。

ただスペック表に疑問も多いです。

登板力が異様に高いこと。

一充電走行距離も30km/h平地走行で計測するところが多いのに、

25km/h平地走行で計測しています。

またそのときの搭乗者の体重も記載がありません。

充電時間も80%まで何時間・満充電まで何時間、

(※80%~満充電までは時間がかかるため。)などの表記の仕方ではなく、

電池残量50%から満充電までの充電時間というよく分からない表記の仕方です。

少し甘い計測の仕方をしている様な印象を受けます。

モーター定格出力は450wと低めですが、

最高出力が何wかの記載が無いため実際の走行性能はまだ未知数です。



◎最後は機能性・価格に対してです。

積載性能に乏しいバイクにとってリアボックスは必須レベルだと個人的には思います。

荷物積みたい人や要らない人もいるでしょうが、

選択肢を増やすという意味でリアキャリアは欲しいですね。

価格に関しては文句なしで安いと思います。

電動バイクは性能的には自転車と原付の中間ぐらいです。

電動自転車が10万円ぐらい・原付が20万円ぐらいなので、

約15万円という価格設定は消費者のニーズをばっちり捕えた価格です。

しかもリチウムイオンバッテリーは高額になりやすいにもかかわらずこの低価格!

すばらしい企業努力だと思います。

ぜひ成功して限定では無く、通常販売までして欲しいです。



こんな長い記事書いたの初めてです。

後二つ書きたい記事があったのですが、

もう勘弁してください。(;゜∀゜)ノ(誰も頼んではいない(笑))

ということで、また次回をお楽しみに。

↓ブログランキングに参加中です。記事が役に立ったときは押して下しあ。ヽ(´∀`)




No.62 / 電動バイク / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2017.06.22  自問自答による自己精神分析の考察と解 <<21:19


おはようございます。

このちょっと小難しいタイトルがアニメネタだと気づいている人が

果たして何人いるのかちょっと気になるろぐぐです。

さて今回は電動バイクのデザインの記事です。

良い悪いではなく、ろぐぐの個人的な好き嫌いの話なのであしからず。

前から性能性能と言っていたろぐぐですが、

やっぱり最後に購入の決め手となるのはデザインだと気づきました。

最高速度が50キロ近く出て価格も安めの「E-Vino」。

20150729YamahaE-Vino_11-618x412.jpg

満充電走行距離は短いもののWバッテリーにすることができ、

バッテリーの値段も約6万円と(電動バイクとしては)安めで、

性能的には申し分ない機種です。

しかしなぜか購入検討しませんでした。

それは見た目に電動らしさや、

自転車のような軽快さを求めるろぐぐの感覚にヒットしなかったからだと思います。

「ec-3」の見た目で出ていたら確実に買ったんですけどね(゜ⅴ゜;)オシイ・・・。

ec03.jpg

同様の理由で「e-Let's」なども、

現在中古品などでお値打ち価格で売っているものの購入検討しませんでした。

111209_news_suzuki01.jpg

両方ともいい機種なのですが・・・。

とここまで来て「bycle」ならピッタリ良いじゃないと思われるかもしれません。

auto-7Kxyt0.jpg

もちろん悪くはないですがろぐぐが求めるのは自転車のような軽快さであって、

自転車のような見た目ではありません(正確に言うなら車幅が細い車体が好きです。

信号待ちの車をすり抜けやすいので)。

見た目でいうと「bycle」の「B1」というタイプで前かごが無ければ良い感じです。

auto-CRrBnU.jpg


自転車の見た目で良いなら電動自転車のほうが有益な気がしますし。

ということで自分の感覚にピタリと合うものに出会うのは案外難しいという話でした。

取りようによっては不満をたらたら書いただけのような気もしますが、

細かいことは気にしない!(゚▽゚*)ニパッ♪

↓ブログランキングに参加中です。記事が役に立ったときは押して下しあ。ヽ(´∀`)




No.61 / 電動バイク / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2017.05.21  この三日間楽しかった。ありがとう。 <<08:58


おはようございます。ろぐぐです。

結論だけ言いましょう。

\(^o^)/オワタ

順に説明すると前回前々回と紹介してきた

「KYMCO(キムコ)」の「COZY」という電動バイクの走行性能に結論が出ました。

台湾製なので台湾のサイトにはスペックあるんじゃない?と思いつき、

調べみると出てきました。

(注:以下モーターショウで発表されていた内容なので変更される場合があります。

また、グーグル翻訳なので間違っていたらごめんなさい。)

まずヘッドライト・方向指示器などのライト類はすべて省電力のLEDになるようです。

7car-201703271158-2.jpg

バッテリーは車体にとり付けられた取り外し不可のものでフル充電走行距離100キロ。

取り外し可能なタイプでフル充電走行距離50キロ。

KYMCO-battery-cell.jpg

さらにこの他にオプションでサブバッテリーをつけることが出来、

スマホの充電や電欠時の予備バッテリーとして使えるようです。

7car-201703271158-15.jpg

そして問題はこのメーター。

7car-201703271203-1.jpg

一様40キロまで表示はありますが、25キロでリミッターがかかるようです。

800Wクラスと出ていたのは最大出力が800Wということでした。

スピード表示画面はオシャレになっていてデザインの完成度は高いものの、

電動自転車が流行っていて、

狭い道路も多い日本では最高時速25キロではお話になりません。

仮に安全性を重視してお年寄りをターゲットにしているなら、デザインが攻めすぎです。

若者がターゲットなら、自転車のほうが早ええよ!ってなってしまいます。

日本では法的にもヘルメットや免許が要らなかったりして自転車が有利なので、

最高速25キロは厳しいように思います。

このままのデザインで同社の「Candy 2,0」並みの走行性能があれば完璧なんですけどね。

Scooter_7_CANDY-2 0EV

ということで三日間夢を見せてもらいました。

電動バイクのことを調べるのは楽しかったです。

ありがとう。

そして・・・。

・・・・・・。

さよなら。ヾ(。・Д・。)バイバイ♪

↓ブログランキングに参加中です。記事が役に立ったときは押して下しあ。ヽ(´∀`)




No.60 / 電動バイク / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。